教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

景表法

記載事項のミスと商品回収

(あ)シーズコーポレーション事件はなぜ商品回収を命じられなかったのですか?
 
(い)食品・健康のパッケージ記載の規制ルールは化粧品や部外品より甘いのですか?

掲載日:2021/6/25
企業名:(非公開)

A1.(い)に関して
  表示事項のパッケージ記載に関し、食品・健食は消費者庁管轄ですが、
  化粧品や部外品はPMDA管轄で後者の方が厳しい印象があります。
 
A2.(あ)に関して
  食品や健食に関しては、少々の記載ミス(たとえば、原材料表示において添加物を分けなかった等)は
  次の版から自主的に直せばよく報告の必要もないという運用です。
 
  シーズコーポレーションの事件は景表法措置命令を発令するついでに食表法に基づく指示を
  作ったという感じですが、回収を命じてもよかったケースだと思います。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。