教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

景表法

空間除菌のロジックとエビデンスと課徴金(1)

(あ) 消費者庁は「空間除菌」はありえないという立場と聞きますが、
それはどうしてなのですか?
 
(い) 空気清浄機やライトで「空間除菌」をうたう手はないのですか?

掲載日:2021/6/25
企業名:(非公開)

1.(あ) について
消費者庁の考えは大概、次のようなものです。
 
(1)「空間除菌」をうたう商品は大体居住空間かアウトドアを対象としている。
 
(2)しかし、そういう空間では空気は滞留しないので、
いくら一定のペースをきれいにしたところでまた菌を含む空気が入って来る。 
 
2.(い) 空気清浄機について
(1)消費者庁における「空間除菌NG」のロジックが1のようなものであるならば、
空気清浄機の「外」を表現するのではなく、「中」を表現する手があります。
 
たとえば、
「菌を含んだ空気は空気清浄機に吸引され、空気清浄機の中でライトを浴び、99%除菌されます」
という感じです。 
これなら「空気は滞留しない」というロジックは関係ありません。
 
参考事例としてこういう例があります
(>>>https://www.yakujihou.com/merumaga/20210608-01.pdf)。 
 
(2)以上は、「空気は滞留しない」というロジックをクリアするためのロジックですが、
本当に「空気清浄機の中でライトを浴び99%除菌される」ことについては
もちろんエビデンスが必要です。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。