ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『消費者庁が第3回トクホ制度に関する検討会の議事録を公表』

【2021.05.12.】
『消費者庁が第3回トクホ制度に関する検討会の議事録を公表』

消費者庁が、2021年3月19日に開催された「第3回特定保健用食品制度(疾病リスク低減表示)に関する検討会」の議事録をホームページに掲載しました。
検討会では疾病リスク低減表示の今後の運用について話し合われ、事前にまとめられた「特定保健用食品制度(疾病リスク低減表示)に関する今後の運用の方向性(案)」に沿って、具体的な文言や表現について項目ごとに委員から様々な意見が出されました。

具体的には
「健康・栄養政策の前提としてあるのは健康寿命の延伸であり、骨粗鬆症や骨折リスクを低減することは、健康・栄養政策全般としてとらえるものであり、食事摂取基準にとらわれるものではない」

「『疾病リスクを低減』するという言葉が、摂取のみによって疾病リスクが低減するという誤認を与えやすため誤解を与えないような表現が大事であり、現行制度の中でも対応できる範囲なので、これから具体的に消費者庁とバイオマーカーを使う基準で指摘がないような方法に取り組んでいきたいと思う」
等の意見が出されました。