ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『粧工連と経産省が「化粧品産業ビジョン」を策定』

【2021.04.28.】
『粧工連と経産省が「化粧品産業ビジョン」を策定』

経産省が、日本化粧品工業連合会との産学官連携で「化粧品産業ビジョン検討会」を立ち上げ、
化粧品産業の将来ビジョンを「化粧品産業ビジョン」として策定したと発表しました。
新型コロナウイルス感染拡大による、インバウンド需要の激減や国内消費の落込みにより化粧品
産業は厳しい状況にあるとして、将来的なグローバル間での競争力強化や継続的な発展を目指すとしています。
今後成長が見込まれるアジアなどの海外需要や、ジェンダーレス・ジェンダーフリー市場へのビジネス戦略、
デジタル技術を活用したマーケティング戦略などが掲げられています。

具体的な取り組みとしては以下のとおり
1 新規需要を取り込んだビジネス戦略への転換
2 流行に振り回されない絶対的「日本」ブランドの確立
3 デジタル技術の活用を前提としたマーケティング戦略への転換
4 産学官によるビジネス環境の整備
5 更なる研究開発への取組
6 多様な人材の活用
7 SDGsへの積極的な貢献