ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『警視庁がコロナに効果があるとうたって健康食品を販売していた東京都のエステ店経営者と店員2人を薬機法違反の疑いで書類送検』

【2020.07.03】
『警視庁がコロナに効果があるとうたって健康食品を販売していた東京都のエステ店経営者と店員2人を薬機法違反の疑いで書類送検』

 新型コロナウイルスに効果があるとしてサプリメントなどを宣伝したとして東京都渋谷区のエステ店を経営する女性(41)と店員2人らが書類送検されたとのことです。

 警視庁によると、今年4月から先月まで医薬品として承認を受けていないサプリメントなどについて、店のホームページで「コロナ対策に免疫力を上げる」と宣伝したなどとして医薬品医療機器法違反の疑いが持たれているとのことです。

 調べに対して、いずれも容疑を認めていて経営者は「緊急事態宣言で売り上げが落ちたので商品の販売に力を入れようと思った」などと供述しているとのことです。

 警視庁によると、先月までのおよそ4か月間でサプリメントなどおよそ100点を販売していたとのことです。

 新型コロナウイルスの感染予防に効果があるとうたう商品はインターネット上などで多く出回っているが、消費者庁は「効果が確認されたサプリメントなどはない」として根拠のない宣伝に注意するよう呼びかけているとのことです。