ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『消費者庁がアマゾンで高級ブランドの偽物を販売していた13の通販事業者に対し特商法違反で一部業務停止命令』

【2020.04.07】
『消費者庁がアマゾンで高級ブランドの偽物を販売していた13の通販事業者に対し特商法違反で一部業務停止命令』

 消費者庁は7日、「ルイ・ヴィトン」や「エルメス」など高級ブランドの偽物をネット通販大手「アマゾン」に出品した13の通販事業者に対し、特定商取引法違反として一部業務停止を命じたとのことです。同庁によると、デジタルプラットフォーム上に出品した事業者に対し、同法違反で行政処分するのは初めてで、複数のプラットフォームの運営企業に対し、被害を防ぐ対策を取るよう要請したとのことです。

 同庁取引対策課によると、13事業者はアマゾンのサイト上で、ブランドの名前や画像と共に「並行輸入品」などと記載して出品していたが、実際には偽物を販売していたとのことです。出品は既に削除され、アカウントも停止されているとのことです。

 事業者のほとんどは、使われていなかったり関係がなかったりする住所や電話番号を記載していたため、消費者から「連絡が取れない」といった相談が寄せられていたとのことです。