ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『京都府警が医師免許なしで美容整形をしたとして大阪府のベトナム国籍の女2人を医師法違反で逮捕』

【2020.01.20】
『京都府警が医師免許なしで美容整形をしたとして大阪府のベトナム国籍の女2人を医師法違反で逮捕』

 京都府警生活保安課と八幡署の合同捜査班は20日、医師免許がないのに美容整形をしたとして、ベトナム国籍で、大阪府在住のグェン・ティ・イ・ミン(22)と、東大阪大短期大学部2年のチャン・ホアイ・リン(21)の両容疑者を医師法違反容疑などで逮捕したとのことです。

 同容疑者らは、2019年3~5月ごろ、八尾市内のマンションで、グェン容疑者がフィリピン国籍で京都府八幡市在住の45歳と49歳の女性2人に眉やまぶたに入れ墨を入れる施術を計4回実施、また、チャン容疑者はグェン容疑者と共謀して同5~10月、同じ2人の女性に平野区のマンションなどで鼻を高くする注射やまぶたを切開して二重にする施術を計4回したとのことです。

 同課によると、2人とも容疑を認めているとのことで、グェン容疑者が施術した女性1人から「鼻を高くしたい」と要望を受け、2人をチャン容疑者に紹介していたとのことです。

 両容疑者ともフェイスブック上で客を募集しており、同課は施術を受けた客が他にも複数いるとみている。鼻を高くする施術の結果に不満を抱いた女性がチャン容疑者に返金を求めたが応じず、同年11月に八幡署に相談して発覚したとのことです。