ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『大阪府が「天然温泉」とうたって工業用水を使っていたとして大和ハウスに景表法違反で措置命令』

【2019.08.27】
『大阪府が「天然温泉」とうたって工業用水を使っていたとして大和ハウスに景表法違反で措置命令』

 大阪府が、大和ハウスが所有する大阪府泉佐野市などの温泉施設が、『天然温泉』とうたいながら実際は『工業用水』を使って営業していたなどとして景品表示法違反で、措置命令を下したとのことです。

 大和ハウス工業と施設の運営会社が泉佐野市に所有する「岩塩温泉りんくうの湯」などで、『岩塩温泉』や『ピンク岩塩を使用』などとうたいながら、実際には『工業用水』を使って営業していたとのことです。

 「岩塩温泉りんくうの湯」では、10年前の開業当時は現地で湧き出たお湯を使って営業していましたが、6年前の泉佐野市の条例改正で入湯税の課税対象となったため切り替えたとのことで、「ピンク岩塩」も湯には含まれていなかったとのことです。

 大和ハウスは「真摯に受け止め信頼回復に努めたい」と発表したとのことです。