ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『消費者庁が「花粉を分解するマスク」に根拠が無いとしてアイリスオーヤマや大正製薬など4社に景表法違反で再発防止の措置命令』

【2019.07.04】
『消費者庁が「花粉を分解するマスク」に根拠が無いとしてアイリスオーヤマや大正製薬など4社に景表法違反で再発防止の措置命令』

 消費者庁は4日、「花粉を水に変える」「光の力で分解する」など、花粉やウイルスを分解する効果をうたうマスクに景品表示法違反が認められたとして、メーカー4社に表示を改善するよう措置命令を行ったとのことです。

 当該の製品は、DR.C医薬の「花粉を水に変えるマスク」、アイリスオーヤマの「光の力で分解するマスク」、大正製薬の「パブロンマスク365」、玉川衝材の「フィッティ 吸着分解マスク スーパーフィット」(各製品のサイズ違い等も含む)で、いずれも素材に用いられた光触媒で有害物質を水と二酸化炭素に分解し、体内への吸入を防ぐ効果があると表示があったとのことです。

 同庁は景品表示法の規定に基づいて、当該表示の裏付けとなる資料の提出を4社に求め、各社の資料に合理的な根拠が認められなかったとして、「表示は実際よりも著しく優良であることを示していた」と判断し、当該表示の取りやめや違反内容の周知、再発防止などを命じたとのことです。

 DR.C医薬と玉川衝材は「命令はマスク製品の表示に関するものであり、その安全性や機能自体が毀損されたわけではない」としつつも、命令を受けたことを厳粛に受け止め、今後よりいっそう適正な表示に努めるとコメントしたとのことです。アイリスオーヤマは「後日、命令通りに違反内容の周知をする予定」とコメントしたとのことです。

 大正製薬はパブロンマスク365について、「科学的根拠に基づいて製品開発を行い、その合理的な根拠に基づいて製品パッケージ表示していると認識している」と主張していて、今回の措置命令は「消費者庁に提出した科学的根拠を全く無視した内容で、合理的なものでない」として、法的な対応・措置を検討中だと述べているとのことです。