ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『公取と消費者庁が「白髪が黒髪」になるサプリは不当表示として福岡市のインターネット通販会社「アルトルイズム」に景表法違反で839万円の課徴金納付命令』

【2019.06.26】
『公取と消費者庁が「白髪が黒髪」になるサプリは不当表示として福岡市のインターネット通販会社「アルトルイズム」に景表法違反で839万円の課徴金納付命令』

 公正取引委員会と消費者庁は26日、「白髪が艶のある黒髪となる効果」をうたったサプリを販売していたのは、不当表示にあたるとして、福岡市のインターネット通販会社「アルトルイズム」(瀧川孝紀代表取締役)に対して、景品表示法にもとづいて839万円の課徴金を支払うよう命じたとのことです。

 発表によると、同社は2018年4月9日から10月23日までの約半年あまり、自社の通販サイトで、白髪染めをしなくても、黒くてフサフサの髪が期待できるなどとうたって、「黒フサ習慣 ブラックマックスS」というサプリを「健幸生活研究社」の屋号で健康食品や美容関連食品を販売していたとのことです。

 ウェブサイトには「体験談は個人の感想で、実感を保証するものではない」などといった注意書きは添えられていたが、消費者庁は「消費者が商品の効果に対する認識を打ち消すものではない」と判断し、同社に対して、広告の裏付けとなる科学的な根拠を示すよう要請していたが、出された資料の内容は不十分だったことから、アルトルイズム社に課徴金839万円を支払うよう命じたとのことです。