ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『愛知県警が名古屋市の「UFクリニック」の元経営者らを無免許で植毛などをしていたとして医師法違反で逮捕』

【2019.05.30】
『愛知県警が名古屋市の「UFクリニック」の元経営者らを無免許で植毛などをしていたとして医師法違反で逮捕』

 愛知県警が30日、名古屋市の「UFクリニック」の元経営者、岡田太郎容疑者(49)ら2人を、医師の免許がないのに植毛などの医療行為をしたとして、医師法違反の疑いで逮捕したとのことです。2人は容疑を認めているとのことです。

 県警によると、2人は医師免許がないにも関わらず、2018年1月から9月の間、患者に対して麻酔注射や植毛などの医療行為をした疑いがもたれているとのことです。

 「UFクリニック」は、2015年に医師が辞め、廃業届が出されましたが、2018年9月に保健センターの立ち入り調査があるまで営業を続けていたとのことです。

 警察は医師不在となって以降、岡田容疑者らが医療行為に及ぶようになったとみて調べているとのことです。