ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『愛媛など4県警が松山市の無許可で健康食品を販売していた健康食品会社「オハナ生活倶楽部」の元社員ら20人を書類送検』

【2019.02.20】
『愛媛など4県警が松山市の無許可で健康食品を販売していた健康食品会社「オハナ生活倶楽部」の元社員ら20人を書類送検』

 愛媛など4県警の合同捜査本部は20日、松山市の健康食品販売会社「オハナ生活倶楽部」の医薬品無許可販売事件で、医薬品医療機器法違反容疑のある、元社員10人と元アルバイト1人、商品製造会社の関係者9人を書類送検したとのことです。元社員10人は出資法違反容疑でも書類送検されたとのことです。

 また松山地検は同日、無許可で医薬品を販売したなどとして医薬品医療機器法違反と出資法違反の罪で広島市在住の元営業部長伊藤和哉容疑者(37)を起訴したとのことです。

 同社を巡り、合同捜査本部は1月、医薬品医療機器法違反容疑で松山市在住の橋本哲容疑者(63)ら7人を逮捕したとのことです。元本を保証した社債名目で客から現金を集めたとして出資法違反容疑でうち6人を再逮捕し、さらに20日、返済意思がないのに客に社債を購入させたとして詐欺容疑で3人を再逮捕したとのことです。

 同社は1992年設立。捜査本部は、営業所や集会所でイベントを開き、参加者に無許可で医薬品の販売を繰り返していたとのことです。