ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『千葉県がサプリに医薬品が配合されていたとして、愛知県のアウトバーンと兵庫県のロハスフードに対し薬機法違反で事業者を公表』

【2019.02.21】
『千葉県がサプリに医薬品が配合されていたとして、愛知県のアウトバーンと兵庫県のロハスフードに対し薬機法違反で事業者を公表』

 千葉県の健康福祉部薬務課は14日、医薬品成分をサプリメントに配合して販売していた、愛知県と兵庫県の事業者2社について、医薬品医療機器等法(薬機法)違反にあたるとして社名公表を行ったとのことです。千葉県は、事業者が所在する都道府県に通報し、それぞれの事業者への対応を依頼したとのことです。

 千葉県が社名の公表を行ったのは、強壮作用を持つシルデナフィル配合のサプリメントを販売していた愛知県のアウトバーンと、同じく強壮作用を持つインヨウカク配合のサプリメントを販売していた兵庫県のロハスフードの2社で、アウトバーンは海外製のサプリメントの輸入販売、ロハスフードは、製造・販売を行っていたとのことです。

 「専ら医薬品」リストに収載された成分を配合したサプリメントの販売は、無承認医薬品の販売として薬機法違反にあたるとのことです。

 千葉県では、県民が購入する可能性があるサプリメントのEC事業者を、薬機法の観点から調査していて、今回の2社については事業者を特定後、両事業者が本社を置く、愛知県と兵庫県に通報し、販売停止の指導やその後の監視指導を委託したとのことです。2社は現在ECによる販売を停止しているとのことです。