ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『川崎市が市内の店舗で販売されていた健康食品から勃起不全の医薬品成分を検出したとして指導・措置を依頼』

【2019.02.21】
『川崎市が市内の店舗で販売されていた健康食品から勃起不全の医薬品成分を検出したとして指導・措置を依頼』

 川崎市は20日、いわゆる健康食品の買い上げ調査を実施し、市内の店舗で販売されていた健康食品1品から医薬品成分が検出されたと発表したとのことです。

 検出されたのは東京都の(株)ガイダンスが販売する健康食品「秘実S」で、川崎市健康安全研究所で分析した結果、勃起不全の医薬品として承認されている「シリアス錠」に含まれている医薬品成分「タダラフィル」が3.9mg検出されたとのことです。

 川崎市は店舗に対し、製品の回収を指導したほか、販売者を所管する東京都に対し、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」で定めている「無承認無許可の医薬品の販売、授与等の禁止」に違反するとして、指導・措置を依頼しているとのことです。タダラフィルには、頭痛、潮紅、ほてりなどの副作用があるとし、同市ホームページ上で注意喚起を行っているが「21日現在、健康被害の相談・報告は寄せられていない」とのことです。