ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『消費者庁が豊胸効果と痩身効果を得られるとうたい健康食品を販売していた東京の株式会社ミーロードに景表法違反で課徴金納付命令』

【2018.03.23】
『消費者庁が豊胸効果と痩身効果を得られるとうたい健康食品を販売していた東京の株式会社ミーロードに景表法違反で課徴金納付命令』

消費者庁は23日、サプリメントを摂取するだけで、豊胸効果と痩身効果を得られるかのような表示を行ったとして、健康食品などを販売する東京の株式会社ミーロード(仇莉代表)に対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令を出したとのことです。

課徴金額は2,430万円で、今年10月24日までに支払うように求めているとのことです。

課徴金の対象は、2016年4月1日から17年4月7日までの期間に自社のウェブサイトで掲載したプエラリア・ミリフィカ末を配合したサプリメント『B-UP』についての優良誤認表示とのことです。「バストUPとスリムUPを同時にかなえるスタイルUPサプリの決定版!」、「Gカップでも57.8㎏→47㎏ -10.8㎏」、「女子力UPに胸ふくらむ!!」などと記載していたとのことです。

※2017年3月30日のニュースも参照して下さい。