ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『厚労省が医療機関のホームページなどでビフォーアフター写真の掲載を原則禁止する方針を決定』

【2017.10.25】

『厚労省が医療機関のホームページなどでビフォーアフター写真の掲載を原則禁止する方針を決定』

 

厚生労働省は25日、脱毛や脂肪吸引などの「美容医療」を巡るトラブルが続出する状況を受け、医療機関のホームページなどで、患者の手術前と後の写真を掲載することを原則禁止する方針を固めたとのことです。今後、省令やガイドラインで詳細を定めることが、同日開かれた有識者検討会の議論で、おおむね了承されたとのことです。

 

美容医療を手掛ける医療機関では、手術前後の写真を「ビフォー」「アフター」としてホームページなどに掲載し、効果を紹介するケースが多く、厚労省は、美容手術は個人で結果が異なる上、加工や修正を加えた写真もあると指摘したとのことです。患者の安全を重視し、原則禁止とした。ただ、学会などが掲載する写真は受診を誘引しないとして認めるとのことです。

 

今年6月に成立した改正医療法では、広告規制外だった医療機関のホームページも対象に加え、虚偽・誇大表現を禁止し、来年6月以降の施行に向け、検討会で具体的な規制内容を議論していたとのことです。