ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『農水省がキャンデー商品に不適正な原材料表示があったとして株式会社九州蜂の子本舗に食品表示法に基づき改善指示』

【2017.10.10】

『農水省がキャンデー商品に不適正な原材料表示があったとして株式会社九州蜂の子本舗に食品表示法に基づき改善指示』

 

農林水産省は6日、『はちみつのど飴』『男プロポリス飴』などのキャンデー商品で不適正な原材料表示を行っていたとして、株式会社九州蜂の子本舗(田中義照代表)に対し、食品表示法に基づく表示の是正、原因究明、再発防止策の構築などを指示したとのことです。

 

農水省九州農政局が、今年5月29日~7月28日までの期間、同社に対して立ち入り検査を実施した結果、『はちみつのど飴』『はちみつれもん飴』『はちみつ抹茶飴』『男プロポリス飴』『女プロポリス飴』の5商品について、重量順位で第1位でないにもかかわらず、「はちみつ」を原材料名欄のトップに表示するなどの不適正な原材料表示を確認したとのことです。

 

少なくとも2015年9月1日~今年5月31日までの間に、『はちみつのど飴』(1万7,774袋)、『はちみつれもん飴』(1万1,673袋)、『女プロポリス飴』(2,388袋)など、合計3万8,738袋を販売していたとのことです。

 

同社では、立ち入り検査実施後の8月初めに、ホームページ上に「お詫びとお知らせ」を掲載。不適正な表示を認め、謝罪していたとのことです。