ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『大阪府が健康食品の買い上げ調査で北海道のトラジ屋の販売するSLIMING BOMBから未承認の医薬品成分を検出したと発表』

【2017.07.14】
『大阪府が健康食品の買い上げ調査で北海道のトラジ屋の販売するSLIMING BOMBから未承認の医薬品成分を検出したと発表』

 大阪府は13日、健康食品の買い上げ調査の結果、インターネット通販で北海道のトラジ屋から購入した健康食品『SLIMING BOMB』(350mg×60粒)から、医薬品成分のシブトラミンと、発がん性の恐れがあるフェノールフタレインを検出したと発表したとのことです。これまでに同製品による健康被害の報告はないが、使用の中止を呼びかけているとのことです。

 大阪府は毎年、強壮やダイエットを標ぼうしている健康食品を20商品ほど買い上げて調査していて、検出されたシブトラミンは、国内では未承認の医薬品で、海外では肥満症の治療薬として承認されているとのことです。中枢性の食欲抑制作用があり、副作用として血圧上昇、心拍数増加、頭痛、便秘などが報告されているとのことです。

 フェノールフタレインはpH指示薬の1つで、以前は医薬品の下剤として使用されたこともあったが、発がん性の恐れがあり、現在は医薬品として使用されていないとのことです。