ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『千葉県が健康食品の買い上げ調査を実施してサプリメント2製品から医薬品成分を検出』

【2017.06.15】

『千葉県が健康食品の買い上げ調査を実施してサプリメント2製品から医薬品成分を検出』

 

千葉県は14日、健康食品を対象に買い上げ調査を実施し、医薬品成分を含有する2製品を見つけたと発表したとのことです。

 

県は今年5月、店舗やインターネットを通じて健康食品34製品を買い上げ、千葉県衛生研究所で分析した結果、千葉県船橋市内の店舗で販売されていた大阪市の日本ケミスト(株)が製造(輸入)しているサプリメント『OphiO(オフィオ)』から医薬品成分のノルホンデナフィル、東京都府中市の運営するサイトで販売されていたサプリメント『漢方由来精力サプリ「フェニックス10」』からシルデナフィルとタダラフィルが検出されたとのことです。これらの医薬品成分は強壮作用を持つとのことです。

 

薬機法で禁止している「無承認医薬品の販売」に該当することから、県は販売業者などを所管する船橋市・堺市・東京都に通報し、消費者に対し、これらの商品を使用している場合はすぐに使用を中止するように呼びかけているとのことです。