ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『愛知県警が虚偽説明をして浄水器を販売していた三重県の会社役員を詐欺と特商法違反の疑いで逮捕』

【2017.01.27】

『愛知県警が虚偽説明をして浄水器を販売していた三重県の会社役員を詐欺と特商法違反の疑いで逮捕』

 

愛知県警は27日、うその説明をして高齢者宅の浄水器をだまし取り、別の浄水器を売り付けたとして、三重県の会社役員山内永雄容疑者(41)を、詐欺と特定商取引法違反の疑いで送検したとのことです。

 

逮捕容疑では、2015年3月下旬、別の訪問販売業者から購入した浄水器フィルターを使っていた三重県いなべ市の当時74歳の女性ら2人に対し「この浄水器を販売した会社は詐欺師だ。裁判をしてお金を取り戻してあげる」と持ちかけ、2人から浄水器をだまし取ったとされ、さらに2人に、契約書面を見せなかったり、うその契約書面を渡すなどして、別の浄水器を売り付けたとのことです。

 

県警は山内容疑者の自宅などから、別の被害者からだまし取ったものとみられる浄水器43台を押収したとのことです。県警は認否を明らかにしていないとのことです。

 

山内容疑者は、法人登記されていない「ホームワン鈴鹿本店」という架空の業者名を使っていたとのことで、同様の被害は愛知や三重など東海地方で十数件、報告されており、県警が関連を調べるとのことです。