ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『東京都が健康食品から医薬品成分を検出したとして株式会社タナカに販売中止と自主回収を指示』

【2017.01.19】

『東京都が健康食品から医薬品成分を検出したとして株式会社タナカに販売中止と自主回収を指示』

 

東京都は18日、冬虫夏草子実体エキスを含有する健康食品から、医薬品成分を検出したため、販売店舗に対し、販売中止と自主回収を指示したとのことです。都民に向けて、健康被害が生じる可能性があるため、使用中止を呼びかけているとのことです。

 

医薬品成分が検出されたのは、兵庫県の株式会社タナカが販売する、カプセル形状の冬虫夏草子実体エキス含有食品『HASゴールド』で、東京都健康安全研究センターが成分を検査した結果、1カプセル中に「ホモタダラフィル」を55mg検出したとのことです。

 

ホモタダラフィルと類似の化合物であるタダラフィルは、勃起不全の治療薬として承認されているが、頭痛、ほてり、動悸などの副作用があるとのことです。