ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『消費者庁、山田養蜂場の「コロナ感染・重症化予防サプリ」に措置命令』

【2022.09.12】

『消費者庁、山田養蜂場の「コロナ感染・重症化予防サプリ」に措置命令』

 

消費者庁は9月9日、山田養蜂場(岡山県)のサプリ製品が、同社HP上に掲載した製品の効能効果について、あたかもコロナウイルスの感染や重症化に有効であるかのような表示を行ったのは景表法上の優良誤認にあたるとして、同社に対し再発防止などを求める措置命令を出した。問題となったのは、同社が販売する「ビタミンD+亜鉛」「1ST プロテクト」「2nd プロテクト」の3製品で、2021年11月に自社ウェブサイトで公開したプレスリリースにおいて、「新型コロナウイルス“第6波”に警戒を <感染>と<重症化>どちらも予防したい…お客さまの声に応えて…新発売」「<感染対策>&<重症化予防>に大切な5つの栄養素を<一粒>に凝縮!」 などと表示。また、顧客向けのダイレクトメールでは、「コロナ時代を生き抜く対策を万全に 機能性研究をもとに厳選したワンパック」「新型コロナウイルス感染症からの回復を早める可能性がある」「免疫機能の要『M細胞』を増加させ、腸管免疫を活性化する可能性がある」などと表示していた。これに対し、消費者庁は同社へ合理的根拠の提出を求めたが、提出された資料を精査した結果、これら表示に合理的裏付けがないものと判断し今回の処分に至った。これを受けて同社は、「お客様をはじめ関係者に多大なご心配とご迷惑をお掛けし深くお詫びしたい。今回の措置を真摯に受け止め、広告や表示内容の見直しを図ると共に、再発防止の体制構築に努めていく。」とのコメントを発表している。