ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『アフィリエイト広告の管理措置、消費者庁が景表法指針の改正案公表』

【2022.05.17】
『アフィリエイト広告の管理措置、消費者庁が景表法指針の改正案公表』

消費者庁は5月13日、景品表示法の「事業者が講ずべき景品類の提供及び表示の管理上の措置についての指針」と「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」の一部改定案を公表し、その内容に関するパブリックコメントを6月13日まで募集することを発表した。今回の指針改正は、前回2014年度の改正時点で想定していなかったが、今年2月に「アフィリエイト広告等に関する検討会」が公表した報告書により提言された「アフィリエイト広告に対する管理措置」を新たに追加したもの。その骨子として、(1)表示内容の管理、(2)違法な表示が見つかった場合の対応、(3)アフィリエイト広告が「広告」である旨の表示、(4)事後確認のために必要な資料の保管、(5)管理担当者の設置、(6)広告主・ASP・アフィリエイター間でそれぞれの責任を予め契約書面に記載するなど、広告主へ求められる対応義務が幅広く盛り込まれている。さらに、主たる事業者である広告主が関係する自社内の従業員だけでなく、自ら又はASPを通じ、外部アフィリエイターへ景表法の考え方について周知・啓発を行うべきとの考え方も示された。

※ポイントは、アフィリエイターの責任は追及されず、広告主の監督責任が加重されるということ。