ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『愛知県警が名義貸しの疑いで名古屋大学大学院教授と、医師の男女ら計3人を医療法違反の疑いで書類送検』

【2015.07.28】

『愛知県警が名義貸しの疑いで名古屋大学大学院教授と、医師の男女ら計3人を医療法違反の疑いで書類送検』

愛知県警は27日、愛知県岡崎市と長野県松本市の診療所の不正開設を手伝ったとして、名古屋市の中京病院形成外科部長浅井真太郎容疑者(50)らが逮捕、起訴された事件で、松本市の診療所の無許可開設に関わったとして、医療法違反(無許可開設)の疑いで、この診療所に名義を貸していた医師の男女2人と仲介役の名古屋大大学院教授の男の計3人を書類送検したとのことです。

3人の送検容疑は、浅井容疑者や松本市の診療所「松本駅前皮膚科」(閉鎖)の同法違反容疑で逮捕されている元経営者の女(56)と共謀し、2012年6~12月と13年1月~14年9月の2度の期間にわたり、長野県知事の許可を得ずに診療所を開設したこととのことです。

県警によると、医師2人は診療所に常勤していないのに院長として名義を貸し、名大大学院の教授は診療所に医師を紹介し、浅井容疑者には、元経営者の女から名義貸しの医師らへの報酬を含めて月約15万円が支払われており、県警が金銭の流れを調べているとのことです。

※2015年7月14日のニュースも参照してください。