ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『虚偽の診断書を作成し生理食塩水を注射した無資格の男を再逮捕』

【2022.01.18.】
『虚偽の診断書を作成し生理食塩水を注射した無資格の男を再逮捕』

警視庁生活環境課が、無資格で虚偽の診断書を作成し治療費として現金をだまし取った男を詐欺容疑で再逮捕しました。
男は中国の医師免許を持っていると嘘をついて患者に唾液検査を受けさせ、「ガンのリスクがあるので幹細胞治療を行った方がよい」などと虚偽の診断をし、生理食塩水を注射したということです。2019年5月以降、十数人から計約4,000万円をだまし取ったとみられています。
勤務先の雑貨販売会社社長の女と2人で小学生ら4人に無資格で注射をしたなどとして、昨年11月~12月に医師法違反容疑で社長と共に逮捕、起訴されていました。