ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『薬局販売型コロナ抗原検査キットのセルフチェックは偽陰性に注意』

【2021.11.05.】
『薬局販売型コロナ抗原検査キットのセルフチェックは偽陰性に注意』

新型コロナウイルス感染チェック用抗原検査キットの薬局での販売を、厚労省が9月末に
解禁しました。PCR検査と比べて感染判定精度が劣るため、症状が軽く感染が不安な時の
簡易的な使用に留めることが求められています。
採取したウイルス量が一定量でないと、感染していても陰性結果となる偽陰性の可能性が
あるということです。

国が販売を承認した検査キットは15種類あり、「体外診断用医薬品」と記載があるという
ことです。薬剤師の説明を受けたり、注意事項を明記した文書への署名をして購入できる
とのことです。
「研究用」と書かれた未承認の検査キット購入者から、検査キットで陰性だったのに医療
機関では陽性結果だったなどの苦情が消費者庁や国民生活センターに多数寄せられており、
厚労省・消費者庁が注意を呼び掛けています。

ワクチン接種証明書の提示で行動制限の緩和になる「ワクチン・検査パッケージ」の導入
を政府が目指しており、抗原検査キットの検査結果を非接種者の陰性証明活用も検討して
いるとのことです。