ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『岩手県警がクーリングオフの説明をせずモスコーポレーションの名称で健康器具を訪問販売したとして自称自営業と手伝いの2人を特商法違反の疑いで逮捕』

【2014.12.01】
『岩手県警がクーリングオフの説明をせずモスコーポレーションの名称で健康器具を訪問販売したとして自称自営業と手伝いの2人を特商法違反の疑いで逮捕』
 岩手県警は30日、クーリングオフの説明をせず健康器具を訪問販売したなどとして、「モスコーポレーション」の名称で浄水器の保守点検サービス契約や健康器具の訪問販売を行っていた、宮城県多賀城市城南2丁目、自称自営業(46)と、同居する自称自営業手伝い(35)を特定商取引法違反(事実不告知、書面不交付)の疑いで、逮捕したとのことです。両容疑者は容疑をおおむね認めているとのことです。
 同県大崎市の女性(80)は岩盤浴マットを28万円余りで購入し、盛岡市の女性(82)はゲルマニウムネックレスの購入契約を結んだ上で後日、24万円を振り込んだとのことです。同署などは余罪があるとみて捜査中とのことです。