ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『徳島県警が製造販売者名表示が無い育毛剤を販売したとして徳島市の会社員を薬事法違反容疑で逮捕』

【2014.11.20】
『徳島県警が製造販売者名表示が無い育毛剤を販売したとして徳島市の会社員を薬事法違反容疑で逮捕』
 徳島県警生活環境課と美馬署は19日、徳島市中吉野町4の会社員、和田司容疑者(35)を薬事法違反(不正表示の医薬部外品販売)容疑で逮捕したとのことです。
 和田容疑者の逮捕容疑は、今年5月15日ごろ、兵庫県内の50代男性に育毛剤1本を2000円で販売した際、容器に製造販売者の氏名など薬事法で定められた表示をしていなかった疑いとのことです。
 美馬署によると、和田容疑者が販売した育毛剤は、美馬市内のラン栽培会社が製造・販売する育毛剤と同一成分の物で、4月中旬~6月下旬に、少なくとも県内外の23人へ育毛剤計27本を販売していたとのことです。ラン栽培会社から「インターネットで自社製品を『ワケあり』などと説明して販売している」と通報があったとのことです。