ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『福岡県警が虚偽の説明で契約を結ばせたとして株式会社ロンエロース・バイフー社長と元従業員ら6名を特定商取引法違反容疑で逮捕』

【2014.11.05】
『福岡県警が虚偽の説明で契約を結ばせたとして株式会社ロンエロース・バイフー社長と元従業員ら6名を特定商取引法違反容疑で逮捕』
 福岡県警は5日、割引がないにもかかわらず「安い会員価格で契約できる」とうそを言い勧誘したなどとして、福岡市のエステ店経営会社「ロンエロース・バイフー」社長、西出茂容疑者(65)と同社社員ら計7人を特定商取引法違反容疑で逮捕したとのことです。
 逮捕容疑は、2014年1月~2014年5月ごろ、福岡市中央区の路上で、同市の女性介護士(22)ら20~24歳の女性9人に「モニターをしてくれたら無料でエステを受けられる」などと契約の目的を隠して勧誘し、さらに店内で「今日契約を決めたら通常料金の50%になる」などとうそを言い、7万~33万円でエステの契約を結ばせたとしたとのことです。県警は7人の認否を明らかにしていないとのことです。
 県警によると、エステサロンなど12店を経営する同社は、2009年5月以降、約1万7000人が利用し、昨年5月からの1年間で約4億7000万円を売り上げていたとのことです。