ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『静岡県警が無免許でアートメーク施術をしたエステサロン「アクトレス」経営者らを医師法違反の疑いで逮捕』

【2014.11.05】
『静岡県警が無免許でアートメーク施術をしたエステサロン「アクトレス」経営者らを医師法違反の疑いで逮捕』
 静岡南署と県警生活経済課は4日、医師免許を持たずに眉などに色素を注入する医療行為をしたとして、静岡市清水区の介護福祉士、山梨万里代容疑者(51)と、長泉町のエステサロン経営、森久美容疑者(41)を医師法違反の疑いで逮捕したとのことです。山梨容疑者は「間違いない」と容疑を認め、森容疑者は「私はやっていない」と否認しているとのことです。
 逮捕容疑は、2月中旬から5月下旬の間に、富士市と静岡市内のエステサロン「アクトレス」の2店舗で、医師免許がないにもかかわらず、県内の20~70代の女性5人に対して、眉などに色素を注入する「アートメーク」の施術をしたとのことです。
 同署によると、2人は知人で、客からアートメークの依頼があった際に、森容疑者が山梨容疑者に連絡して、医療行為をさせていたとのことです。健康被害の相談があったことから判明したとのことです。
 2つの店舗では、今年に入り少なくとも約80回の施術を実施しており、同署でさらに余罪がないか調べるとともに、医療機器の入手経路についても調べているとのことです。