ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『品川美容外科が「フェースリフト」施術の合併症について十分な説明が無かったとして男女40人が東京地裁に提訴する予定』

【2014.10.25】
『品川美容外科が「フェースリフト」施術の合併症について十分な説明が無かったとして男女40人が東京地裁に提訴する予定』
 顔のたるみを改善すると誘われて「フェースリフト」という美容医療を受けた後に痛みが残ったなどとして、「品川美容外科」と「品川スキンクリニック」を全国47カ所に展開する医療法人社団翔友会(東京)に損害賠償を求める集団訴訟が相次いでいる。東京地裁と広島地裁に女性患者計18人が訴え出たのに加え、別の男女40人も近く東京地裁に提訴する予定とのことです。
 患者側弁護団によると、新たに提訴する40人は2012年から今年にかけて数十万円~400万円台の施術を受けたとのことです。安価な施術を求めて受診した際に、勧誘されて応じた人が多いとのことです。
 翔友会は「診療行為にご満足いただけなかったことは遺憾です。合併症を含む事前説明はきちんとおこなっております」と説明しているが、弁護団は「施術前に、合併症の説明が十分でなかった。多くの人が現在も痛みに苦しんでいる」と主張しているとのことです。不利益となる事実を告げずに勧誘したことは消費者契約法に違反するなどとして、代金返還や慰謝料を求める構えとのことです。