ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『今年上半期のベストセラー1位の著書鬼木豊氏が院長を務める治療院「身心健康堂」に違法診療の疑い』

【2014.07.02】
『今年上半期のベストセラー1位の著書鬼木豊氏が院長を務める治療院「身心健康堂」に違法診療の疑い』
 週刊文春の取材で「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」の著者鬼木豊氏が院長を務める治療院に、違法診療の疑いがあるとわかったとのことです。
 鍼灸は保険の対象となることもあり、役所に施術所としての届け出が必要だが、身心健康堂は2010年10月、文京区の御茶ノ水に移転して以降、届け出を行っていなかったとのことです。
 厚生労働省医政局医事課によれば、「施術所の届け出をせずに、鍼灸治療を行うことは、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律に違反します。また鍼灸治療を告知することも保健所の指導の対象になります」とのことです。
 身心健康堂は、弁護士を通じ、「現在、当院では鍼灸行為を行っておりません。従って、法律に違反することはないものと思料します」と話しているとのことです。
 身心健康堂で受けられる治療として、ホームページには針灸が記載され、料金表もあり、現在は行っていなくても、過去に鍼灸治療を行っていれば、違法診療となるとのことです。