ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『大阪府警が日本エコナの社長と長女が無許可で麻酔薬を販売していたとして薬事法違反容疑で逮捕』

【2014.07.01】
『大阪府警が日本エコナの社長と長女が無許可で麻酔薬を販売していたとして薬事法違反容疑で逮捕』
 大阪府警生活環境課は30日、まゆなどに針で色素を注入して色合いを調整する「アートメーク」で、施術で使用する麻酔薬を無許可で販売したなどとして、アートメークスクール運営会社(株)日本エコナの代表取締役で、大阪市在住の松永登久子容疑者(65)と、同社役員の長女の淳子容疑者(42)を薬事法違反容疑で、逮捕したとのことです。いずれも容疑を認めているとのことです。
 逮捕容疑は1月~3月、無許可で府内のエステサロンなどに麻酔薬5個(販売価格計4万円)を販売したなどとのことです。
 同課によると、2人は平成17年ごろから大阪市中央区のビルの1室で、「ココナビューティスクール」などの名称でスクールを開設し、今年3月までに受講料や麻酔薬の販売などで約4億円を売り上げたとのことです。
 同課は、2人が無免許で施術指導をしていた可能性もあるとみて、医師法違反容疑も視野に調べるとのことです。