美容健康・インフォマーシャル・局考査情報
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

美容健康・インフォマーシャル・局考査情報

Part1. インフォマーシャルとは?

1. TVの通販形態

テレビで物を売るための形態は多種多様。
単品通販企業の主力は、顧客リストが確保できるインフォマーシャルを活用。

2. 放送枠

大別して、衛生、地上波、ケーブルテレビの3つの枠が存在。
通販における主戦場は、衛生・地上波

衛生波(BS・CS局)

・BS局は、全国にリーチ可能、かつリーチコストは地上波に比べて安い。
・CS局は、放送局により視聴層が異なり、ターゲットセグメントが可能。

長尺:1本単価は、20万円〜130万円程度。
短尺:1本単価は、数千円〜30万円程度。

地上波(キー・ローカル・独立U局)

主として、ローカル局・独立U局の通販枠を使用。エリアマーケティング的な視点で
有効放送局を選定。

長尺:ローカルで1本単価は、15万円〜80万円程度。キー局は100万円〜400万円超の枠もある。
   ※クール契約・ベルト契約枠もあり
   ※東京キー局・大都市の放送局には通販枠は極少数で、OA可能時間帯も深夜・早朝となる。
短尺:ローカルで1本単価は、5万円〜30万円程度。(3分以上の枠は事実上無い)

ケーブルテレビ(全国CATV局)

リアカバレッジが低いため、件数よりもコスト効率を重視して、補完的に活用。

長尺:1本単価 数千円〜30万円程度。系列局のセット販売。

3. インフォマーシャルのメリット

多数の企業がインフォマーシャルを活用しているが、その理由は単純。
「効率よく、数がとれるから」である。
効率よく数がとれる理由としては、下記が挙げられる。

理由1.映像×長尺のコンテンツパワー

  1. 映像のパワーを活かし、情緒的な欲求に訴えかける表現が可能。
  2. 尺が長いため、商品説明も必要十分に可能。
  3. 映像という一過性のものであるため、「今だけ」オファーが有効

理由2.リーチの広さと安さ

  1. リーチが広い。商品に対する興味が低い層にも接触・獲得可能。
  2. リーチコストが安い
     ※衛生メディアは、より精緻なターゲティングも可能。

理由3.接触時間と頻度

  1. ターゲットが反応し易い時間帯に接触可能。
  2. (枠単価が安いため)継続的な接触が可能。結果取りこぼしが防げる

4. 勝てるインフォマーシャル展開 5つのポイント

インフォマーシャルで勝つためのポイントは、下記の5つに集約される。

CR制作やメディアプランニングに入る前に、訴求ポイントを検討。

ターゲット×USPを考慮し、適切なオファー×尺選定。

映像の力を存分に活かしたCR制作手法。

衛生と地上波は全く別のメディアと考えるべき。
それぞれにプランニングが必要。

結果を出すには、CR制作力×バイイング力のあるパートナー選びが重要。

5. YDCの成功事例

※30日分2,000円程度のサプリ。フロントはインフォマのみで年商約20億円。

インフォマ数値
参考事例(短尺)
  1. 健食、2,000円程度
  2. フロントはTVのみ
  3.  CPO = CPA = (月放映料3,000万×12) ÷ 177,300 = 2,030円
  4. LTV = 6,800円 → 1年で粗利 @4,770円
      → 全体の粗利 = @4,770 × 177,300 = 8.45億
  5. 制作費1,000万円でも十分PAYできる。

Part2. 局考査(成功事例)

1.A社の場合

インフォマが局考査を通らないためクリエイティブが弱くなり
MR(メディアレーション)も0.2まで落ちた。

当社がテコ入れし、局考査を通る内容で且つクリエイティブも攻める内容に変えたところ、MRは0.8〜1.0に上がった。…視聴世帯が多い毎日放送の局考査もクリアーし、且つMR0.8達成

2.B社の場合

販促が難しい健食でありながら、YDCのバックアップにより、
インフォマーシャルでCPO6,000円を達成!!

局考査もどんどん通り、2年で年商10億突破

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。