抗菌スプレーが標榜できる「抗菌・除菌」の範囲について / 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

その他・クロスオーバー

抗菌スプレーが標榜できる「抗菌・除菌」の範囲について

「鳥インフルエンザ」を除去する抗菌スプレーの販売を考えています。
薬事法上気を付けるべき点があればご教授ください。

掲載日:2013/6/28
企業名:(非公開)

本件はNGです。
雑貨の場合、一般的なウイルスや菌の除去(抗菌・除菌)を標榜することは、
薬事法上問題ありません。ただし、特定の菌名やウイルス名を示すことは、
医薬品でないと出来ないのです。したがって、「鳥インフルエンザ」のみならず
「新型インフルエンザ」や「黄色ブドウ球菌」等もNGです。
また、一般的なウイルスや菌の除去は、薬事法は問題ないと回答しましたが、
景表法でその合理的根拠を問われる可能性があるので、臨床試験を行い
合理的根拠を取得しておく必要があります。合理的根拠の取得の方法について

詳しくお知りになりたい方は弊社までご連絡ください。