ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

楽天で「縛り定期」は無効? ~2712~(2022/06/13)

□■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━

薬事法コンプライアンスのノウハウ―薬事の虎―
~2712~(2022/06/13)
<実績No.1>発行部数:28050突破
Produced by 林田学*
*大学教授・弁護士を経て現在YDC社主。
日本でただ一人リーガルマーケティング(R)
を実践し数々の成功事例をプロデュース
YDC会員数480社(06/01現在)
措置命令・課徴金対応207件(06/01現在)
機能性表示届出関与170件(06/01現在)

━━━━━━━━━━━━━━━□■□■□■□

<PR>【有料Zoomセミナー】

2022年7月6日(水)開催

風雲急の機能性表示 どうするか?認知
機能。やるべきか?免疫試験。

↓   ↓   ↓

>>>お申し込みはこちら

<PR>有料レポート#26
「薬事法を超える新しいビジネスモデル
物販とクリニック・ドクターの融合 」

↓   ↓   ↓

>>>有料レポート#26はこちら

<PR>2022年版

「健康食品・化粧品・雑品他
健康美容代替表現集」

NG表現をOK表現に変えるコツをわかりやすく
実践的に解説したガイドブックです。
10年に亘るロングセラー。

代替表現集2022年版のお求めは

↓   ↓   ↓

>>>代替表現集2022版はコチラ

<PR>完全ガイドブック
「広告の実際」完全ガイドブック<2022年版>

行政官の誰もが持っている“虎の巻”。
それが「広告の実際」。
その完全ガイドブックができました。
是非、皆さまのビジネスの現場でお役立て下さい

↓   ↓   ↓

>>>お申込みはコチラ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
楽天で「縛り定期」は無効?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

弁護士出身の実業家・林田です。

行政がパトロールを外注する方式を一部採用
するようになっていることは、このメルマガ
をお読みになっている方はご存知のことと思
います。

ビジネス論理で行くと、外注先の民間企業は
受託金額に応じたパトロールは行うけれども、
それ以上のことはやらない、ということにな
り、実際そうなっている感じがします。

取り締まられるプレーヤーさんからすると、
嬉しいような嬉しくないような複雑な気分か
もしれません。

さて、規制の構造が変わりつつあることもこ
のメルマガでお伝えしている通りです。つま
り、行政が直接企業を規制する方式以外に、
行政がプラットフォーマーを規制し、プラッ
トフォーマーが企業を規制するという方式が
拡大しています。

最近の措置命令の件数が依然に比べると減少
しているのはその影響もあり得ることはこの
メルマガにも書きましたが、最近このプラッ
トフォーマーへのシフトを痛感させる出来事
がありました。

つまり、楽天さんが出店企業向けに、6月1日
施行の改正特商法に対応することを求める通
知を配信しておられるのです。
(>楽天からのお知らせ

但、中には言っていることがよくわからない
部分もあります。

それは縛りあり定期に関する記述です。
(>キャンセルポリシー

“定期購入・頒布会において、注文確定日を
迎える前のお申し込みについてはキャンセル
を受け付ける必要があります。「○回目まで
はキャンセル不可」のような制限を設けるこ
とは予約購入・定期購入・頒布会サービス利
用規約違反となりますのでご注意ください。”
とあります。

一見すると「○回目まではキャンセル不可」
としてはならないと言うのであれば、たとえ
ば、4回縛りの場合、「4回目まではキャンセ
ル不可」と言うと、楽天規約違反になる、と
読めます。

そうなると、4回縛りと言っても4回目まで
キャンセルを受けなければならなくなり、
「4回縛り」とする意味がなくなる(実質無
効)、ということになります。

しかし、「予約購入・定期購入・頒布会サー
ビス利用規約」を見ると(>規約)、顧客
(消費者)は注文確定日までキャンセルでき
るとあり(第4条の2.1)、その注文確定日と
は受注確定日となっています(第2条の(4))。

4回縛り定期の場合、申込時に「最低4回は買
うという契約」で合意し、それを発注した、
と考えらえるので、最初の申込時で最低4回
の受注は確定している、と考えられます。

そうすると、そこから先のキャンセルを受け
なくても、楽天規約違反にはならない。よっ
て、改正特商法施行後の楽天においても縛り
定期は可能、と考えてよいと思います。

■いかがでしたか?

6月1日施行の改正特商法を最新の情報に基づ
き解説したのが5月12日に行ったセミナー
「サブスク・定期を規制する改正特商法 6月
スタート準備は大丈夫ですか?~リスクは行
政処分・差止・取消・刑事罰~」です。

今でも録画視聴は可能ですので、こちらで学
んでください。

>>>お申し込みはこちら

☆メルマガの最後に
「機能性表示」の情報があります。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
薬事チェックサービス
弁護士関与の責任品質
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

20年600社を超えるコンサル経験に基づいた
プロの薬事チェックをお試しください

>>> https://www.yakujicheck.xyz/

~よくいただくご質問~

★NG表現の代替表現の提案は?
→できます

★媒体を問わずチェックは可能?
→できます
web,雑誌、youtube動画、商品パッケージ、カタログ
emailなど媒体を問わず、チェック可能です

★スポット・単発での対応は ?
→できます
2万5000円~

☆薬事チェックの見本を確認
>>> https://www.yakujicheck.xyz/#sect3

出典:薬事チェックサービス特設ページ
>>> https://www.yakujicheck.xyz/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
医師のサポートがあったらCV率(成約率)
がもっと上がると思いませんか
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「売れる商品を作りたい!」

「ライバルの商品との差別化ができてない・・」

そんな健康食品会社・化粧品会社の
皆さんへのご案内です

「お医者さん○人が薦める健康食品」
「お医者さん○人が使いたいと答えた化粧品」

と御社媒体に記載があればもっと
CV率はあがると思いませんか?

薬事法ドットコムのコンサルの現場で
数多くの要望を頂き
Dr.RECというサービスを展開しています。

Dr.RECは、約5000人のお医者さまとの
ネットワークを通じて
医師の御社製品への推薦・賛同を
集めるサービスです。

詳細は
https://www.doctor-rec.biz/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
4か月で修了できる機能性表示マスター講座
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★講座修了すると届出マニュアルをプレゼント
↓↓↓
https://www.kinou-master.xyz/

事例紹介

○受講中の知識が営業戦略に役立ちました

健康食品メーカー浦谷 佳孝さま

営業と研究開発部の間に立つような立場なので
受講して届出のためのプロセスが分ったことが
良かったと思います。
また、販売戦略やこの制度の重要性が
今頃になってよく分かりました。

○開発チームのリーダーに昇格できました!
良かった点は、プロジェクトに参加しながら
チームへのアドバイスができるような立場に
なった点だと思います

私の会社も何度もトライしていたのですが
、届出受理はあきらめかけていました。
正直いろんなチェック項目があり
今まで何が悪かったのかまでは
具体的には分かりませんでしたが
今回ようやく受理されました。

出典
機能性表示マスター講座特設ページ
https://www.kinou-master.xyz/
↑↑↑
特設ページ限定の特典もございます。
ぜひご覧ください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
機能性表示の情報が欲しい方は、
「機能性表示食品コンサルティング」
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★機能性表示について、もっと知りたい、
情報が欲しい方は、
機能性表示コンサルティングをご覧下さい。

エビデンス作成から届出までYDCにすべて
お任せください。

卓越したリサーチ力を活かし、行政の
水面下情報もキャッチアップ。

「免疫機能の表示」として、史上初めて
受理された、『キリン iMUSE』の
ヘルスクレームも、見事予想を的中させました。

その他、新規制や法改定、警告メール情報まで
最新の情報をどこよりも早く提供。

行政の傾向を踏まえた、ムダのない対策を
ご提案いたします。

>>> https://www.yakujihou.com/kinousei/

 

★上級者向け「機能性会員サービス」
月額¥10,000(税別)で、ライバルの一歩先へ

※会員限定コンテンツが読み放題!
・消費者庁対応情報
・機能性表示食品の広告チェック事例
・機能性表示データブック
・アウトカムに関する論文・SR
・レアなヘルスクレーム

>>> https://www.yakujihou.com/kinousei/vip/

★YDCシルバー以上の薬事チェック会員は
全ページご覧頂けます(プレーヤー様限定)。

■明日は、機能性表示水面下情報を配信します。

「作用機序で攻めるのは妙手か?(2)」

がテーマです。

登録はこちら >>>
https://a09.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=881&g=6&f=11&fa_code=7724f716af32f86cd21a4465f5a48e84

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

薬事法コンプライアンスのノウハウ
メールマガジン [薬事の虎] [発行元] 薬事法ドットコム
https://www.yakujihou.com
メール : merumaga@yakujihou.com
TEL : 03(6274)8781(平日9:00~18:30)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■