ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

機能性表示最新情報 223号 / 「古い骨を壊すはたらき」とは? ~2523号~(2021/10/30)

□■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━

薬事法コンプライアンスのノウハウ―薬事の虎―
    ~2523号~(2021/10/30)

<実績No.1>発行部数:27700突破

Produced by 林田学*

*大学教授・弁護士を経て現在YDC社主。
日本でただ一人リーガルマーケティング(R)
を実践し数々の成功事例をプロデュース

YDC会員数462社(10/1現在)
措置命令・課徴金対応160件(10/1現在)
機能性表示届出関与165件(10/1現在)

━━━━━━━━━━━━━━━□■□■□■□


☆みなさまの熱いご要望に応えついに開講!
「機能性表示マスター講座」

↓   ↓   ↓

機能性表示に関し圧倒的な経験と情報を有する
薬事法ドットコムが初心者の方でも理解できる
ようわかりやすく説明します。

↓   ↓   ↓

講座の内容は動画でご覧いただけます。
>>> https://youtu.be/4Z-5P1fkvNw

紹介サイトはコチラ
>>> https://kinou.yakujihou.net/

※今、申し込むと、「YDC有料動画」
の中からご希望の2点もついて6万円です。
>>>https://yakujihou.co.jp/ydc-mri/yuryou-movie.html

お問い合わせ・お申込みはコチラ
>>> https://kinou.yakujihou.net/regist.html
 
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
機能性表示最新情報 223号 /
「古い骨を壊すはたらき」とは?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

こんにちは。YDCのミッシーです。

そろそろ年末が意識される時期になってきました。
昨年の年末はコロナ拡大中で大変でしたが、今年は
穏やかなお正月に期待してもいいのでしょうか。

以前このメルマガでもお伝えしましたが、機能性表
示の受理件数は、年末近くから翌年の3月位にかけ
て増加する傾向にあります。特に年末あたりには、
興味深い事例がぽろぽろ出てきたりするので、その
点にも期待したいですね。

それでは今回の機能性表示最新情報のご紹介です。

G596 サポートプラス 健骨生活
「本品にはパプリカ由来カロテノイド(β-クリプ
トキサンチン、β-カロテン、ゼアキサンチン、カ
プサンチンとして)が含まれます。パプリカ由来カ
ロテノイドは、加齢に伴い過剰となる骨吸収(古い
骨を壊すはたらき)をおだやかにし、骨の健康維持
をサポートすることが報告されています。本品は丈
夫な骨を維持したい方に適した食品です。」

届出者は理研ビタミンさん。「古い骨を壊すはたら
き」というなかなか刺激的な表現が目につきます。

この「古い骨を壊すはたらき」とはどういうことで
しょうか。
かいつまんで説明するとこうです。

骨は代謝が盛んな部位で、常に古い骨は分解吸収さ
れると同時に、新しい骨が形成されます。この関係
が釣り合っているうちは健康な骨と言えるのですが、
加齢によって分解吸収の方が強くなると、骨は弱く
なってしまいます。

G596はこの分解吸収のことを「古い骨を壊すはたら
き」と表現し、それを弱めることで、形成とのバラ
ンスをとって、骨の健康を維持する、としているわ
けです。

この骨の吸収や形成をみる指標が骨代謝マーカーで、
これはさらに骨吸収マーカーと、骨形成マーカーに
分けられます。

G596では骨吸収マーカーとしてTRACP-5bとsNTX、骨
形成マーカーとしてBAP、OCを取り上げ、骨吸収
マーカーのTRACP-5bに有意差があったことを以って、
届出表示を導いています。

骨の訴求としてメジャーな大豆イソフラボンなどで
もやはり骨吸収マーカーを見ていて、大豆イソフラ
ボンの場合はマーカーとしてデオキシピリジノリン
を採用していますが、骨の健康についての説明は
G596と同じです。

つまり、あちらの場合でも「古い骨を壊すはたら
き」という表現は使えることになります。

一方、他にも骨の訴求としてメジャーなものとして、
温州ミカンのβ‐クリプトキサンチンの事例があり
ます。

F605 富士みかん
「本品には、β‐クリプトキサンチンが含まれてい
ます。β‐クリプトキサンチンは骨代謝のはたらき
を助けることにより、骨の健康維持に役立つことが
報告されています。」

こちらの場合は、骨吸収マーカーと骨形成マーカー
の両方に有意差があるため、骨の代謝自体の改善を
訴求しているわけです。
骨吸収マーカーのみの有意差では、骨代謝の改善は
言えません。

各事例が採用している骨吸収・形成マーカーのまと
め➡一覧

骨吸収マーカーのみの場合(G596)と、骨吸収と骨
形成両方で有意差がある場合(F605)の事例を上げ
ましたが、それでは、骨形成マーカーのみに有意差
があった場合はどうでしょうか? 
この場合は機能性表示で扱うのは難しい気がします。

というのも、骨吸収マーカーのみの有意差は前述し
た骨代謝の説明から、機能性表示の命題である健康
の維持・増進によくかみ合いますが、骨形成マー
カーのみの場合はそうではありません。

骨形成マーカーのみに有意差があった場合は加齢に
よって弱くなっている骨を維持するのではなく、
健常な人の骨をより丈夫にする、というような意味
合いを帯びてしまいます(骨吸収の抑制ではなく、
骨形成の増強)。また、F605のように骨代謝のサ
ポートとも言えません。

よって、この辺りをうまく説明できるロジックがな
いと、骨形成マーカーのみの場合は難しいのではな
いでしょうか。

それでは、またメールしますね。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
機能性表示の情報が欲しい方は、
「機能性表示食品コンサルティング」
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★機能性表示について、もっと知りたい、
情報が欲しい方は、
機能性表示コンサルティングをご覧下さい。

エビデンス作成から届出までYDCにすべて
お任せください。

卓越したリサーチ力を活かし、行政の
水面下情報もキャッチアップ。

「免疫機能の表示」として、史上初めて
受理された、『キリン iMUSE』の
ヘルスクレームも、見事予想を的中させました。

その他、新規制や法改定、警告メール情報まで
最新の情報をどこよりも早く提供。

行政の傾向を踏まえた、ムダのない対策を
ご提案いたします。

>>> https://www.yakujihou.com/kinousei/

★上級者向け「機能性会員サービス」
月額¥10,000(税別)で、ライバルの一歩先へ

※会員限定コンテンツが読み放題!
・消費者庁対応情報
・機能性表示食品の広告チェック事例
・機能性表示データブック
・アウトカムに関する論文・SR
・レアなヘルスクレーム

>>> https://www.yakujihou.com/kinousei/vip/

★YDCシルバー以上の薬事チェック会員は
 全ページご覧頂けます(プレーヤー様限定)。
 
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

薬事法コンプライアンスのノウハウ
メールマガジン [薬事の虎] [発行元] 薬事法ドットコム
      https://www.yakujihou.com
メール : merumaga@yakujihou.com
TEL : 03(6274)8781(平日9:00~18:30)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■