教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

景表法

計算値で糖質量たった 1g と広告可能か?

プロティンのECやっています。

LPでは低糖質を訴求したいと考えていますが、メーカーからは実測値ではなく計算値として「0.7g」という数値をもらっています。

LPに、「糖質量わずかの0.7g ※計算値」と計算値であることを注記すればそれでよいのでしょうか?

掲載日:2020/10/14
企業名:(非公開)

1. 食品に関しては、「これだけ多くなければ”多い”とは言えない」とか「これだけ少なくなければ”少ない”とは言えない」といった強調表示のルールがあります。
本件は一見その違反になりそうですが、そうではありません。
なぜなら、強調表示はパッケージのルールであり、広告には適用されないからです。

2. 広告を支配するのは景表法です。
景表法は「言っていることに根拠があるか?」を問う法律です。
逆に言えば、持っている根拠に見合ったことを言えばよいのです。
本件では計算値は持っているわけなので、「0.7g」が計算値であることが消費者にわかるように言えばよいということになります。

3. この「わかるように言う」に関するルールが「打消し表示のルール」です。
消費者庁の考え方によれば、「強調表示の直下に強調表示と同じくらい目立つように書く」が原則です。
ですので、「糖質量わずかの0.7g」の直下に、それと同じくらい目立つように「※計算値」と記載することが必要です。