教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

医薬部外品(除く薬用化粧品)

北の達人さんの「真皮まで浸透」はOK?

北の達人さんのシンピストは 
「有効成分が真皮まで浸透」と訴求しておられます
(>>>https://www.yakujihou.com/merumaga/20210730-01.pdf )。
 
「浸透は角質層まで」がルールなのではないですか?

掲載日:2021/8/27
企業名:(非公開)

1.「浸透は角質層まで」がルールなのは化粧品の話です。
 
2.本件商品は医薬部外品です。

3.本件商品のロジックは 
「”有効成分を真皮まで浸透させることで”(A)、
シミ改善及びシミ予防に同時にアプローチする(B)」 
というもので、
(A)は(B)の作用機序という建て付けになっています。
  
4.医薬部外品の場合、作用機序はエビデンスがあれば訴求可能です。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。