教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

健康美容器具・医療機器

低周波治療器の脊椎通電や鎮痛訴求はOK?

低周波治療器を販売しています。「凝りの緩解」が効能として承認されています。
この商品について、「脊椎通電」とか「鎮痛」を訴求したいのですが
可能でしょうか?

掲載日:2021/11/18
企業名:(非公開)

1、可能です。

2、作用機序であれば、エビデンスがあれば訴求可能です。
  根拠は医薬品等適正広告基準の解説に
 「作用機序の説明は、効能の範囲において、医学薬学上説明できる
 範囲ならOK」
  とする記載があるからです。

 下記6ページ(7)を参照ください。
 >>医薬品等適正広告基準の解説及び留意事項等について https://bit.ly/3wShRhk
 
3、「脊髄通電」は作用機序と言えるでしょう。

4、「鎮痛(痛み)」も「脊髄通電」と同じ 考え方でよいと思います。

5、ただし、これはあくまでも作用機序に関するルールなので、
「痛み」が効能効果のように見せるのはNGです。