薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

健康食品

健康食品で「商品に含まれた医薬品成分(サミー)」の広告表現はどこまで許される?

以前、健食においてサミー含有を訴求するのは、サミーは食薬区分の医薬品成分だから不可、ということが問題となりましたが、そうなのですか?
「サミー」ではなく「サミー酵母」と表現すると、話は違いますか?

掲載日:2019/2/8
企業名:(非公開)

1.化学物質「サミー」含有は不可です。

食薬区分の「医」の欄の「化学物質」のリストに、「S-アデノシルメチオニン」「別名SAMe」とありますので、この成分を健食に使うことはできません。

含有を訴求しなくてもアウトです。

2.「サミー酵母」含有は必ずしも不可とは言えません。

(1)まず、「サミー酵母」は植物由来の可能性があります。
「医」とされるのは、化学物質なので、植物由来であれば使用可能です。

(2)ただ、この場合は、全体としては植物由来で「非医」と言えても、その中に含まれる「サミー」は化学物質で作られていて「医」だというケースもあり得ます。
      
そういう場合は、都庁HPの次の記述に注意する必要があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
原材料そのものは非医薬品リストに掲載されていても、
抽出物・精製物が医薬品リストに掲載されているものも
あります。

たとえば、タウリン(医薬品成分)を含むタコやイワシ
(非医薬品)などです。

このような場合、タコやイワシの加工食品等を「医薬品」
とみなされないようにするためには次の条件を満たす
必要があります。

1.製品に「食品」であることをはっきり示す

2.原材料を加工したものであることをしめす。

3.「医薬品」と誤認を与えるような特定成分の強調をしない。

4.加工状態が、もともとの原材料の本質を失っていない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この例の、「タコ食品」が「サミー酵母」に相当し、「タウリン」が「サミー」に相当します。
よって、「サミー酵母」は「非医」として行けますが、「サミー含有」を強調しては行けません。