教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

化粧品(含む薬用)

ブースターで浸透アップはどこまでOK?

1. 化粧品の広告で表記する「角質層まで浸透」という表現に対して、
 そもそも根拠資料の提示は必要でしょうか?

2. 第三者機関で浸透に関する試験をした場合、どのような表現が可能でしょうか?
  例えば、「※〇〇試験実施済」などと書けるでしょうか?

3.下記の「経皮吸収性試験」を実施した場合、どのような広告表現が
 可能となるでしょうか?

 ◎導入液Aを使用した後に美容液Bを使用した場合と、
  美容液Bのみを単独使用した場合における美容液の
  浸透率を比較
  
 【蛍光画像イメージを参照】
 https://nikkol.ent.box.com/s/hk6535x63ribqzqnd2ek3l9835ht000z

掲載日:2021/11/12
企業名:(非公開)

1.必須ではありません。

2.「試験を済ませている」程度なら良いと思いますが、化粧品広告上、
 試験自体は訴求不可(保証禁止違反)なので、決して強調はしないで
 ください。

3.導入液Aのブースター効果のエビデンスがあれば、導入液A側の
 広告で「次に使う美容液の浸透を助ける」程度は言えます。
 ただし美容液の商品名は出さないでください。
 併用表現の規則は明確ではありませんが、私たちは種々の根拠に基づき、  
 以上のように考えています。