薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) 効能

化粧品で「乾燥小ジワ量減少」という広告表現はOK?

乾燥小じわの評価試験を行いつつ、「乾燥小じわの効果は、効能評価試験とは異なる臨床試験結果です」と注記して、「4週間使い続けた乾燥小じわ量の変化」をグラフで示しているLPがあります。
>>>https://www.yakujihou.com/merumaga/200203.pdf

これはOKですか?

掲載日:2020/2/10
企業名:(非公開)

1. 問題があります。

2. 乾燥小じわの評価試験は、目視か写真かレプリカで行いますが、目視・写真の場合はシワグレード、レプリカの場合はシワ解析パラメーターで評価するので、この例のような「乾燥小ジワ量の変化」を評価する試験は別試験ということになります。

3. そうすると、「乾燥小ジワ量」は化粧品で言える56の効能中に入っていないことになるので、これは薬事法違反ということになります。

臨床試験とマーケティングの融合はなかなか難しいものです。