教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

化粧品(含む薬用) 効能

化粧品で「刺すヒアルロン酸、マイクロニードル」という広告表現はOK?

ヒアルロン酸を針のような形状にして商品化している化粧品があります。
「刺すヒアルロン酸」とか「マイクロニードル」とか言っているのですが、これはOKですか?

掲載日:2018/3/20
企業名:(非公開)

1. 基本的にOKです。
「刺すヒアルロン酸」とか「マイクロニードル」とか言っても、実際に「刺す」わけでもなく、「ニードル=針」でもないことは見ればわかる話です。
見ればこれらは比喩なのだと消費者は認識できます。

2. なぜこのような形状にしているかと言うと、浸透効果を高めるためです。
それゆえ、「ヒアルロン酸がしっかり届く」といった表現も通常出て来ます。
こういう表現に関しては「※角質層まで」という注が必要です。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。