教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

その他・クロスオーバー

都庁と国センの板挟み

9月17日に国民生活センターは、「液体とジェルタイプの除菌・消毒・手指洗浄用アルコールのエタノール濃度」という告知を出し事業者に対し「商品本体にエタノール濃度を表示せよ」と要望しています。
>>>http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20200917_4.html

しかし、アルコール系の「手指用ジェル」(化粧品)にエタノール濃度を書いていたら以前都の薬務課から「エタノール濃度を書くと医薬部外品と誤認させるから控えるように」と注意されました。

一体どうしたらよいのでしょうか?

掲載日:2020/10/12
企業名:(非公開)

1. 都庁に確認しましたたところ、エタノール濃度を書くことが全くダメという趣旨ではなく、強調しないでくれという趣旨。
強調すると医薬部外品と誤認する、ということでした。

2. ちなみに、エタノール濃度が60容量%以上でなければ医薬部外品の要件を充たしません。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。