薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

その他・クロスオーバー

海外の規制で「医薬品の違法販売」を摘発される事例はある?

以前のメルマガに、

「海外絡み方式については毎年秋にインターポールが摘発をしていて、毎年、日本企業も直接摘発されたり、玉突き的に行政指導されたりしています。
昨年の秋から今年にかけてもそういう事例があります。」

とありました。

(あ)どういう事例があるのですか?
(い)どういう点に気をつけたらよいですか?

掲載日:2019/2/19
企業名:(非公開)

1.(あ)について

(1)毎年秋に、ネット上での医薬品の違法販売の取り締まりがインターポールも絡めて国際的に行われています。
この取り組みは「オペレーション・パンケア」と呼ばれ、2011年から行われています。
対象は、純粋の医薬品のみならず、医薬品的効果をうたっている健康食品や化粧品も未承認医薬品として摘発対象になります。

(2)昨年は、日本では、17件が刑事立件され、6人が逮捕されています。
逮捕事例には、スーパーフードと言われるモリンガに関して「痩身効果」をうたってネット上で販売していた沖縄の事例などがあります。

2.(い)について

海外から輸入した商品だけでなく、海外で人気の商品など含め海外絡みでネット展開される方は、1に記述したように、毎年取り締まりがありますので、違反がないかよくチェックしてください。