教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

その他・クロスオーバー

行政指導のブレーンで「エビデンスの評価」は誰が行う?

行政の監視部門のお役人さんは法律を解釈したり運用したりするのが仕事だと思います。
逆に言えば、臨床試験やSRやアンケート調査などの専門家ではないと思います。
こういうエビデンスの評価は行政ではどういう人が行うのですか?

掲載日:2019/1/22
企業名:(非公開)

一般的に言えばブレーンを用いるようです。

1.消費者庁の場合
1)機能性表示
国立栄研のOBの方などがブレーンのようです。

2)景表法
打消し表示の報告書が2017年から3本出ましたが、その研究会のメンバーは、いずれも、

(1)糸田 省吾((一社)全国公正取引協議会連合会会長代行)座長
(2)河原 純一郎(北海道大学 文学研究科 准教授)
(3)土橋 治子(青山学院大学 経営学部 教授)
(4)村 千鶴子(東京経済大学 現代法学部 教授)  

の4名の方々でしたが、これらの方々はブレーンのようです。

2.厚労省
PMDAのOBの方などがブレーンのようです。

3.当社では、ブレーンの方々の特色も考慮しながらエビデンス作りを行っています。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。