教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

その他・クロスオーバー

適格消費者団体による「差止制度」がある理由は?

適格消費者団体である消費者支援機構関西のホームページを見ると、ゼリアさんの「ヘパリーゼ」のCMや自然食研さんの「しじみ習慣」のLPに対する修正要求をしているようですが、なぜこういう制度があるのですか?
2月に「ヘパリーゼ」と「しじみ習慣」に関する記述がありますが。「アルコール」など特定のテーマを重点的に扱っているのですか?

掲載日:2017/3/31
企業名:(非公開)

1.ご指摘の活動は、消費者契約法に基づく消費者団体訴訟制度の一環として行っています。
消費者庁が扱いにくい案件などを補完的に扱っている印象もあります。
2.消費者契約法に基づく消費者団体訴訟制度は、あらゆる販促を対象とできますが、美健ビジネスに関しては、一定のテーマを順に扱って行く傾向も見られます。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。