教えて薬事法 / 薬事法のお悩みを解決いたします。
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

教えて薬事法

その他・クロスオーバー

健康食品と化粧品で「処方」という広告表現はOK?

化粧品や健康食品の広告で「処方」という表現をよく目にします。例えば「コラーゲン配合の独自処方」や「美容成分を強化したこだわりの処方」などですが、使用することは可能でしょうか?
辞書を調べてみますと、処方は「医師が患者の病状に応じて、薬の調合と服用法を指示すること」となっています。医薬品的なニュアンスが強いので、使用には二の足を踏んでいます。

掲載日:2014/3/20
企業名:(非公開)

明確なルールがないので微妙なところですが、医薬品のみに使われるワードというわけではないので一概にNGとはいえないでしょう。
化粧品の場合は、医薬品と同様に薬事法によって認められているものですし、運用上よく使われているので、医薬品的な文脈で使用しない限り使用してもよいでしょう。
健康食品の場合も明確なルールがないとはいえ、医薬品的な表現が厳しく規制されているので(例えば「副作用」や「臨床試験」もNG)、避けた方がよいと思います。

20年600社を超えるコンサル実績【無料】相談のお申し込み

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。