ヘルスケアコンサルティングNo.1(新興分野)
メニュー
03-6274-8781 平日9:00〜18:00(土日祝日を除く) 閉じる

『京都府警が未承認のシミ取り機器を販売していた美容機器販売会社「一榮」の社長らを薬機法違反で逮捕』

【2017.01.24】

『京都府警が未承認のシミ取り機器を販売していた美容機器販売会社「一榮」の社長らを薬機法違反で逮捕』

 

京都府警は24日、エステ店に未承認の医療機器を販売したとして、薬機法違反容疑などで愛知県の美容機器販売会社「一榮」社長、真鍋勝彦容疑者(58)と、同社員(42)を逮捕したとのことです。いずれも「医療機器を販売したと思っていない」と容疑を否認しているとのことです。

 

逮捕容疑では2014年3月~16年5月、京都市西京区や名古屋市などのエステ店4店に、しみの除去ができるとうたった機器「ミクロメラニンデトックス」4台(計483万円)を販売していたとのことです。

 

府警生活経済課によると、同社は2013年3月から約3年半で、全国のエステ店に計70台販売し、7千万円以上を売り上げていたとのことです。同機器でしみとりの施術を受けた女性が顔にやけどを負うなどの被害が確認されているとのことです。